アクリーグ株式会社|アクリーグについて

アクリーグ株式会社 トップページ > アクリーグについて > 環境への取り組み

環境への取り組み

弊社は環境活動の一環として、平成21年に国際規格ISO14001を認証取得し、それに伴い社員の環境に対する意識向上と社会貢献の為に、全社員でeco検定合格への挑戦、旧足尾銅山による荒廃地への植樹活動や河川清掃などのボランティア活動等を行っております。また、社内活動として、みどりのカーテンの設置やゴミ削減の取り組みを展開しています。



ISO14001の取り組み

弊社は平成21年に、環境マネジメントシステムISO14001を認証取得しました。 環境問題は重要課題の一つとして、弊社環境方針のもと、省エネルギーの推進、資源の有効利用の推進、廃棄物削減とリサイクルの推進、環境関連製品の拡販の推進など環境保全活動に全社一丸となって取り組んでいます。 今後も、環境配慮型経営を実現するため、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。



全社員eco検定合格

弊社は「eco検定全員合格」という環境目標を設定し、平成26年にパートを含む全社員が合格し、全員がエコピープルになりました。
これからも、社員一同環境に関する知識を深め、環境に対する取り組みを継続的に行い、地球環境の保全と地域社会に貢献する人材育成に努めます。



ボランティア活動の推進

弊社では平成21年から足尾の植樹活動に参加しています。
参加人数および植樹本数(平成25年より計測)は以下の通りです。



平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
11名 25名 27名 29名 36名
(植樹本数80本)
59名
(植樹本数86本)
49名
(植樹本数179本)

※参加人数には社員の家族も含みます。
また、平成26年から「愛リバーとちぎ」に参加し河川の清掃活動を行っています。



みどりのカーテンの設置

平成25年から本社社屋にみどりのカーテンの設置を行っています。 同年にゴーヤの設置から始まったこの取り組みは、翌平成26年には、ゴーヤ、カボチャ、アサガオとみどりのカーテンとなる植物の種類を増やし、節電の効果だけでなく社員の自然環境を育む意識を高める取り組みにもつながっています。