アクリーグ株式会社|事業案内

アクリーグ株式会社 トップページ > 事業案内 > 固定資産関連

固定資産関連

固定資産税管理支援システム構築(製品名:地建録)/地番図整備/台帳照合調査/現況調査/画地認定/評価(路線/状況類似)/リアルタイム分合筆/航空写真撮影/償却資産調査計画策定



固定資産税管理支援システム構築と運用サポート

納税者の所有する固定資産を毎年同じ時期に調査・評価し適正かつ公平に課税するためには、台帳と地図が一体的に管理できるシステムが不可欠です。弊社は長年の実績に基づき自社開発した総合的に管理できる「地建録」をご提供しています。このシステムは、日々変わる土地・家屋の情報をリアルタイムに更新する機能を有し、複雑な図形処理を必要とする画地解析(画地条件計測)や路線価評価のバランス調整計算などの機能を併せ持ち、多くのお客様にご好評いただいております。 また、各種図面の整備や評価システムに係わるコンサルティング業務も、専門スタッフがきめ細かなサービスをご提供いたします。



固定資産現況調査

正確に土地家屋を把握するためのデジタル地図作成から、課税台帳との照合と現地確認調査を行います。地図作成には、デジタルカメラで撮影した空中写真から精密オルソ写真を作製し、公図・地籍図との重ね編集を行います。家屋の形状判読には、屋根の高さをデジタル図化機で計測して精度の高い地図を作成します。また、調査図は日々異動更新されますので、リアルタイムで自動更新できるシステムを「地建録」と共にご提供しています。



ノーリスク型 償却資産課税コンサル業務委託

償却資産は公平に課税されなければいけない固定資産ではありますが、申告制のために未申告業者や過少申告業者も少なくありません。そのため、本来課税されるべき償却資産に課税されていないものがあるというのが現実です。弊社がご提供する「ノーリスク型 償却資産課税コンサル業務委託」は、予算化する前に発注することができる従来にはない業務委託であり、償却資産税収の増加に応じた成果報酬のため、ノーリスクで発注できます。課税台帳と様々なデータで照合して未申告業者や過少申告業者を発見し、償却資産税収の増加額予測や適正かつ公平に課税するためのノウハウをご提供しております。



土地評価システム

固定資産評価基準で定める市街地宅地評価法とその他宅地評価法に対応する業務として、不動産鑑定のノウハウを生かし、システム機能で分析・解析して行います。成果としては、客観的に説明できる基準書も併せて納品いたします。



統合型GIS

弊社では業務支援用の個別型GISと庁内横断的利用型のGISと、更には市民公開型のGISを統合管理できるデータベースの構築に力点を置いたシステム提供をしております。また、新しく即時に地図を更新できるシステムをご提供しております。